スポンサーリンク

無印良品『糖質10g以下のパン シナモンロール』【糖質7.4g】

スポンサーリンク
スポンサーリンク

今回は、無印良品の『糖質10g以下のパン シナモンロール』をご紹介します。

以前から販売していた無印の『糖質10g以下シリーズ』ですが、9月9日から新たにパン7アイテム、スナック菓子5アイテムが仲間入りしたそうです!やったー!
お菓子はさておき、主食である糖質オフパンの選択肢が増えるという事は糖質制限をしている我々にとって重要な事。
発売日からだいぶ遅れましたが、私も購入してきました。
スタートダッシュに失敗したため、スナック菓子2アイテム(パスタスナック)を手に入れられませんでしたが、パンは全部買えたので一安心。

これらのパンは発酵種にパネトーネ種を使っているので長期保存(47日間)が可能だそうで。
(写真は無印良品『糖質10g以下のパン くるみチーズ』のものですが、『シナモンロール』にも同じ文章が書かれていました。)
いわゆる、ロングライフパンというやつなので、まとめ買いができるんですよね。
当然私もまとめ買いして、すでに何個かフライング実食してます…が、今回は一番気になっていた『シナモンロール』から。

袋から出し、まずは横から眺めてみます。
層があるということは、デニッシュタイプのシナモンロールという事ですね。

しかも、シナモンペーストはくるみ入り。なかなかの豪華さです。

こっそりカフェラテを用意して、いざ実食。(だってコーヒーが絶対合うはずだもの。)

スポンサーリンク

実食

まずはそのまま食べてみました。
デニッシュ生地は少ししょっぱいけれど、しっとり、サクっとしていてよくある工場生産のデニッシュという感じ。塩気以外に気になる点はなくおいしいです。
その塩気のおかげなのか、シナモンクリームの香りと甘さが引き立っていて、香ばしいクルミの食感も良い感じに合っていると思います。
ちょっと甘じょっぱいシナモンロールって感じですね。
次にトースターでリベイクして食べてみました。
これは、もう文句なしにおいしいです。食感がパリパリサクサクでパン屋さんのシナモンロールみたい…というのは少し大げさですが、断然焼いたほうがおいしいです!
でもやっぱり、ちょっとしょっぱいですね。ここらへんが改良されるといいなぁ~。

最後に注意点をひとつ。
袋を開けてそのままガブッと食べるとアルコール臭がします。これは品質保持の為に噴霧しているアルコールのせいですが、気になる方は袋から出して少し時間をおくと良いと思います。それでも気になる方はリベイク推奨です。

商品情報

名称: 菓子パン
原材料名: バター入りマーガリン(国内製造)、シナモンクリーム、ミックス粉(小麦たんぱく、大豆粉、植物油脂、脱脂粉乳、パン酵母)、くるみ、小麦粉、ファットスプレッド、砂糖、乳等を主要原料とする食品、パン酵母、粉末全卵、パネトーネ種、発酵風味液、食塩/加工デンプン、乳化剤、増粘剤(加工デンプン)、香料、イーストフード、ビタミンC、酸化防止剤(ビタミンE)、pH調整剤、調味料(無機塩)、着色料(カロチン)、酒精、(一部に小麦・卵・乳成分・くるみ・大豆を含む)
内容量: 1個
保存方法: 直射日光、高温多湿の場所を避けて保存してください。
販売者: 株式会社良品計画
製造所: 株式会社四国シキシマパン
購入日: 2020年9月18日
購入店舗: 無印良品
購入価格: 税込150円

栄養成分表示 1個平均43g当たり

エネルギー187kcal
たんぱく質4.5g
脂質13.6g
炭水化物
 -糖質
 -食物繊維
16.2g
7.4g
8.8g
食塩相当量0.4g
この表示値は、目安です。

まとめ

『糖質10g以下のパン シナモンロール』の糖質は7.4gで、たんぱく質が4.5g、食物繊維が8.8g摂れます。少ししょっぱいのが気になりますが、低糖質なシナモンロールはなかなか手に入らないので、私はまた買います。というか買ってきましたw
他のパンも何個か食べましたがみんなしょっぱいので、製造しているシキシマパン(パスコ)のロングライフパンの特徴なのかな?
結構強めの塩気なので塩分が気になるところですが、食塩相当量は他のパンと同じ位だったりします。
今後改良される事を期待しましょう。
そして、今月は防災月間です。保存食としてもおすすめしてみます。もちろん何年も保存できる訳ではありませんが、食べた分を買い足しながら備蓄する(ローリングストック)というのもアリかなと思いました。
いざという時、1週間でも2週間でも保存がきくパンがあれば助かりますよね。
気になる方は是非無印良品でチェックしてみてくださいね。

コメント