スポンサーリンク

無印良品『アップルの大豆バー』【糖質8.1g】/『ショコラとオレンジの大豆バー』【糖質8.3g】

今回は9月発売、無印良品の糖質10g以下のお菓子シリーズから『アップルの大豆バー』と『ショコラとオレンジの大豆バー』をご紹介します。

先月購入した無印良品の糖質10g以下のお菓子シリーズですが、買った事に満足してまだあまり食べられていません。
賞味期限までに食べきりたいところですが、どうなることやら。
マイペースに食べてマイペースに更新をしていくつもりです。
という訳でまずは中身のチェックから。

二つとも袋から出してお皿にのせてみました。上が『アップルと大豆バー』で下が『ショコラとオレンジの大豆バーです。
袋から出した途端にフルーツの良い香りが漂ってきました。これは期待できそう!

厚みはそれ程ないですね。クッキーのようなザクザクした表面が特徴。白い粒々は大豆パフだと思われます。

半分にカットしてみました。見た目はブラウニーみたいですが、切り心地は半生?クッキーですね。それなりに固いです。

スポンサーリンク

実食

まずは『アップル大豆バー』から。りんごのフルーティな香りが強く、味はソイジョイクリスピーに似ています。まさしく大豆バーという感じ。みっちり食感の生地の中に大豆パフのサクサクした食感が心地よく、なかなかおいしかったです。
次に『ショコラとオレンジの大豆バー』。こちらのチョコ味はハイカカオのような苦みがあり、オレンジの強い香りが特徴。大人の味って感じでしょうか。
両方ともフルーティでおいしい大豆バーでした。ソイジョイとかもそうですが、人によってはフルーツの香りが強すぎると感じる人もいるかもしれないです。

商品情報

アップルの大豆バー

名称: 焼菓子
原材料名: 大豆粉(国内製造)、マーガリン、大豆パフ、難消化性デキストリン、ドライアップル(りんご、ぶどう糖、砂糖)、液卵、脱脂粉乳、小麦粉、イソマルツロース/甘味料(ソルビトール、スクラロース)、膨張剤、トレハロース、香料、酸味料、着色料(カロテン)、(一部に小麦・卵・乳成分・大豆・りんごを含む)
内容量: 1本
保存方法: 直射日光、高温多湿の場所を避けて保存してください。
販売者: 株式会社良品計画
製造所: 株式会社アイネット 足立工場
購入日: 2019年9月11日
購入店舗: 無印良品
購入価格: 税込150円

ショコラとオレンジの大豆バー

名称: 焼菓子
原材料名: 大豆粉(国内製造)、マーガリン、難消化性デキストリン、大豆パフ、ココアパウダー、液卵、脱脂粉乳、糖漬けオレンジピール、小麦粉、イソマルツロース/甘味料(ソルビトール、スクラロース)、膨張剤、香料、トレハロース、着色料(カラメル、カロテン)、酸味料、(一部に小麦・卵・乳成分・オレンジ・大豆を含む)
内容量: 1本
保存方法: 直射日光、高温多湿の場所を避けて保存してください。
販売者: 株式会社良品計画
製造所: 株式会社アイネット 足立工場
購入日: 2019年9月11日
購入店舗: 無印良品
購入価格: 税込150円

栄養成分表示 1本平均27g当たり

アップルの大豆バー

エネルギー119kcal
たんぱく質6.1g
脂質6.2g
炭水化物
 -糖質
 -食物繊維
11.3g
8.1g
3.2g
食塩相当量0.2g

ショコラとオレンジの大豆バー

エネルギー120kcal
たんぱく質5.9g
脂質6.3g
炭水化物
 -糖質
 -食物繊維
11.3g
8.3g
3.0g
食塩相当量0.2g

まとめ

『アップルの大豆バー』の糖質は8.1g、『ショコラとオレンジの大豆バー』 の糖質は8.3gです。食物繊維やたんぱく質もそこそこ摂れるのが良いですね。
ソイジョイクリスピーが好きな人はきっと好きな味です。アップルの方の香りがかなり強いので、苦手な人はショコラの方から試してみても良いかも。
低糖質というだけでなく、たんぱく質や食物繊維を摂りたい人には大豆バーはおすすめのおやつです。
気になる方は是非試してみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク(パソコン)
スポンサーリンク(パソコン)

フォローする

スポンサーリンク