スポンサーリンク

東ハト『キャラメルコーンのピーナッツ』【炭水化物8.7g】

今回は東ハトの『キャラメルコーンのピーナッツ』をご紹介します。

最近『あの商品のあれだけ』みたいな商品、多いですよね。
ソフトクリームの上だけとか、メロンパンの皮だけとか。
大抵の場合、「そうそう、ソコが食べたかったんだよ!」ってなるのですが、この 『キャラメルコーンのピーナッツ』に関しては、「ピーナッツ…入ってた?」というのが正直な感想でした。
キャラメルコーンを食べたのが子供の頃なので、記憶があいまいなんです。
でも、わざわざ商品化するって事は、需要があるって事ですよね。普通のピーナッツとの違いが気になるところです。
それでは早速中身のチェックをしていきましょう。

お皿に全量出してみました。
よくある国産の落花生と比べると小粒のピーナッツです。一応皮つき。

よく見ると、ピーナッツに細かい粉末が付いています。しっかりと味が付いているという事ですね。
最近は素焼きのピーナッツが多いので、ここまで粉がついたピーナッツは珍しいかも。

スポンサーリンク

実食

予想通り、味がしっかりついたピーナッツです。塩味というより旨塩味という感じ。
ピーナッツそのものが甘く、皮は香ばしく、1粒食べると止まらなくなるおいしさです。
最近は健康の為にナッツを食べる人が増えたので、塩分ひかえめが当たり前になっていますが、個人的にはこれくらい味が付いていた方が好きです。
わざわざ『キャラメルコーンのピーナッツ』だけを食べたくなる人がいるのも納得。これはウマイ!

商品情報

名称: 豆菓子(キャラメルコーンのピーナッツ)
原材料名: 落花生(米国産)、食塩、植物油脂/調味料(アミノ酸等)、(一部に落花生を含む)
内容量: 45g
保存方法: 直射日光・高温多湿をおさけください
製造者: 株式会社東ハト
購入日: 2019年7月8日
購入店舗: ウエルシア
購入価格: 税込105円

栄養成分表示 1袋(標準45g)当たり

エネルギー281kcal
たんぱく質11.7g
脂質22.1g
炭水化物8.7g
食塩相当量0.6g

(この表示値は目安です)

まとめ

『キャラメルコーンのピーナッツ』の炭水化物量が8.7gなので、糖質は多くても8.7gです。ロカボ的には全く問題ない糖質量ですね。
味もおいしいし、値段もお手頃だし、栄養価も高いし、糖質制限中のおやつにぴったりです。
味付きピーナッツがお好きな方は是非試してみてください!おいしいですよ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク(パソコン)
スポンサーリンク(パソコン)

フォローする

スポンサーリンク