スポンサーリンク

花畑牧場『もちっぷす 生キャラメル』/『もちっぷす 北海道ミルクチョコレート』

スポンサーリンク
スポンサーリンク

今回は花畑牧場の『もちっぷす 生キャラメル』と『もちっぷす 北海道ミルクチョコレート』をご紹介します。

こちらはダイソーをうろうろしていたら発見した商品です。
まさか、ダイソーで花畑牧場のお菓子が買えるとは!
しかも、『もちっぷす』という花畑牧場っぽくないワード。原材料から察するに、おかきにチョコを染みこませたお菓子のようです。
果たしておかきをもちっぷすと呼んで良いのかちょっと疑問ではありますが、味はなんとなく想像できますね。
チョコ×ポテトチップスという組み合わせ(これも北海道の銘菓でしたね。)もあるくらいだし、きっともちっぷすもおいしいはず。
という訳で早速中身のチェックをしていきましょう。

お皿に全量出してみました。左が生キャラメル味で、右が北海道ミルクチョコレート味。100円なので仕方ないですが、量はかなり少なめです。
おかきに花畑牧場独自の”しみ込みリッチ製法”でチョコレートを染みこませたそうです。

しみ込みリッチ製法とは、厳選した素材にテンパリングチョコレートを贅沢にしみ込ませた、花畑牧場のこだわり製法です。

テンパリングチョコレートとは、滑らかで口溶けが良く、香り高い本格的なチョコレートのことです。

パッケージより引用

さわってみると、確かに表面をただコーティングしているのとは違い、しっとりとしみ込んでいるのが分かります。

スポンサーリンク

実食

まずひとくち食べて驚いたのがその食感。
カリカリのおかきを想像していたのですが、サクサクッと軽い食感でとても食べやすいです。
中心・・・とまではいきませんが、しっかりと中までチョコがしみ込んでいて、おかきの塩味とチョコの甘味が良い塩梅です。
生キャラメル味もチョコレート味も後味がおかきで、ちょっとクセにる味ですよ。
私はどちらかというとチョコの方が好きですが、これは完全に好みの問題。両方ともすごくおいしかったです。

商品情報

生キャラメル

名称: チョコレート菓子
原材料名:  おかき(もち米(国産、タイ産)、植物油脂、食塩)、ココアバター、砂糖、植物油脂、全粉乳、カカオマス、練乳パウダー、脱脂粉乳、食塩、小麦胚芽油/乳化剤、香料、着色料(カロテン)、加工デンプン、調味料(アミノ酸)、(一部に乳成分・小麦・大豆を含む)

北海道ミルクチョコレート

名称: チョコレート菓子
原材料名: おかき(もち米(国産、タイ産)、植物油脂、食塩)、砂糖、植物油脂、全粉乳、カカオマス、ココアバター、食塩、小麦胚芽油/乳化剤、香料、加工デンプン、調味料(アミノ酸)、(一部に乳成分・小麦・大豆を含む)


内容量: 18g
保存方法: 直射日光や高温多湿の場所を避け、28℃以下で保存してください。
製造者: 株式会社花畑牧場
購入日: 2019年3月25日
購入店舗: ダイソー
購入価格: 税込108円

栄養成分表示 1袋(18g)当たり

生キャラメル

熱量113kcal
たんぱく質1.1g
脂質8.6g
炭水化物
7.9g
食塩相当量0.06g

北海道ミルクチョコレート

熱量107kcal
たんぱく質1.2g
脂質7.2g
炭水化物
9.2g
食塩相当量0.04g

まとめ

『もちっぷす 生キャラメル』の糖質(炭水化物-食物繊維)が7.9g、『もちっぷす 北海道ミルクチョコレート』の糖質(炭水化物-食物繊維)が9.2gです。
量が少ない事もありますが、ロカボ的には問題ない糖質量です。
生キャラメルの方が1.3gも糖質が低いんですね。こうなってくると断然生キャラメルの方がおすすめ。
味もおいしいし値段も安いし、ダイソーに寄った際には是非お試しを。


コメント