スポンサーリンク

デルタ『ロカボナッツパウダー withきなこ』【糖質1.6g/1食】

今回はデルタの『ロカボナッツパウダー withきなこ』をご紹介します。

糖質制限をしている人なら、一度位は見たことあるであろう『ロカボナッツ』。
その『ロカボナッツ』が粉末になって登場しました!
その名も『ロカボナッツパウダー withきなこ』。
パッケージには、

ロカボナッツを粉末化し、きな粉・大豆たんぱくと混ぜて、高たんぱく、低糖質なパウダーにしました。

引用 パッケージより

と書いてあります。
調べてみると、きな粉って炒ってある分、水分が少なく意外と糖質が多いらしいのです。
そこで、ロカボナッツと組み合わせる事により、かなり低糖質になっているようです。

それでは早速中身のチェックをしていきましょう。

まず1食分(大さじ5杯、25g)をお皿に出してみました。
※計量スプーンにぎゅーぎゅーに押し付けると大さじ5杯で40g位になっちゃうので、軽くふんわりすくうと良いと思います。

1食分25gってかなりたっぷりの量です。もしかしたら1回では使い切れない位の量かも。
これを牛乳やヨーグルトと一緒に食べるのがおすすめの食べ方だそうです。
それでは実際にやってみましょう。

スポンサーリンク

実食

まずはそのままぺろりとなめてみました。
きな粉の風味が強いですが、ほんのりとナッツの香りや苦みを感じます。クセはあまりないですね。

次に調整豆乳に入れてみました。(牛乳でも可)
多分、大さじ1杯位は入れたかな。1分位かき混ぜるとだまがなくなり良い感じになりましたよ。
味は、いわゆるきな粉牛乳(豆乳)です。黒い粒々はアーモンドの皮だと思います。
きな粉牛乳が好きな人は問題なく飲める味だと思います。普通においしい!

今度はヨーグルトにかけて食べてみました。
これは意見が分かれる味かも。日頃からヨーグルトにきな粉をかけて食べている人はきっと問題なく食べられるはず。
私はちょっと苦手ですが・・・それでも全部完食できました。

あとは、バニラアイスにかけて食べてもおいしかったです。ちょっと黒蜜が欲しくなりますけどね。

ピーナツバター風にしてパンに塗って食べてみましたが、これもおいしかった!
(ロカボナッツパウダー適量+バター適量+ラカントSを混ぜてペースト状にしたものを塗りました。)

オクラの和え物も作ってみました。これがクリーミーでおいしかったです。
(ロカボナッツーパウダー大さじ1+マヨネーズ大さじ1+めんつゆ適量で和え衣をつくり、茹でた野菜と和えると出来上がり。)

こんな感じでいろいろ試してみましたが、一番手軽なのが豆乳(牛乳)に混ぜて飲む方法ですね。
これなら毎日続けられそうです。
ちなみに1食分(25g)って上記3つで使ってもまだ余るくらい、たっぷりの量です。なので、量に関してはあんまり神経質にならずに、気軽に使ってもいいんじゃないかな、と思います。(もちろん適量を心がけて。)

商品情報

名称: 大豆加工食品
原材料名: 大豆(北海道産)、脱脂大豆たんぱく(アメリカ製造)、クルミ、アーモンド、ヘーゼルナッツ
内容量: 175g
保存方法: 直射日光・高温多湿をお避けください。
販売者: 株式会社デルタインターナショナル
購入価格: 税別498円

栄養成分表示

 100g 当り1食分 25g 当り
エネルギー483kcal121kcal
たんぱく質48.3g12.1g
脂質27.0g6.8g
 -n-3系脂肪酸2.1g0.5g
炭水化物17.1g4.3g
 -糖質6.3g1.6g
 -食物繊維10.8g2.7g
食塩相当量1.2g0.3g
亜鉛3.3mg0.8mg
カリウム1,160mg290mg
カルシウム161mg40mg
7.9g2.0mg
マグネシウム161mg40mg
ビタミンB60.34mg0.09mg
ビタミンE6.0mg1.5mg
葉酸150μg38μg
大豆イソフラボン230mg58mg
オレイン酸8.8g2.2g

まとめ

『ロカボナッツパウダー withきなこ』1食分(25g)の糖質は1.6gで、たんぱく質12.1gも摂れます。
低糖質高たんぱくなのでプロテイン代わりに良いかも!
プロテインが苦手って人は、こちらの方が飲みやすいんじゃないかな?
きな粉牛乳が好きな人は問題なく飲めるはずなので、是非試してみて下さい!
私は当分の間、豆乳と混ぜて飲む予定です。
ちょっと値段が高いけど・・・毎日の習慣にしたいなぁと思っていますよ。
それと料理にも活用しやすい味だと思うので、お料理好きな人はいろいろ試してみると良いかも!
かなりおすすめなので是非試してみて下さい!

スポンサーリンク
スポンサーリンク(パソコン)
スポンサーリンク(パソコン)

フォローする

スポンサーリンク