スポンサーリンク

伊藤園『おーいお茶 さらさらほうじ茶』でいろいろ作ってみた

今回は伊藤園の『おーいお茶 さらさらほうじ茶』でいろいろ作ってみたのでご紹介します。

昔からほうじ茶は好きでしたが、昨今のほうじ茶ブームで完全にほうじ茶ラテにはまってしまいました。
ほうじ茶ラテといえばスタバですが、最近はペットボトルやコンビニでも販売されているようですね。
ですが、基本的には糖質が高い飲み物なので糖質制限中は避けたいところ。
でも飲みたいッ!
という訳で『おーいお茶 さらさらほうじ茶』を使って低糖質なほうじ茶を自作してみました。

ほうじ茶ラテを作る前に、まずは普通のほうじ茶を作ってみましたよ。

ティースプーン1杯の粉末ほうじ茶にお湯を注ぐだけで完成です。混ぜる必要がないくらい、さっと溶けました。すごい!
香りも味も普通のほうじ茶です。ちなみに水でもすぐ溶けます。

次に本命のほうじ茶ラテを作ってみました。

ほうじ茶以外に、ゼロカロリーシロップと低糖質豆乳とスプレーホイップを用意しました。
まぁ、ここらへんはお好きなものをチョイスしたら良いと思いますが、↑おすすめですよ。

出来上がりはこんな感じ。
コップに粉末ほうじ茶をスプーン1杯入れ少量のお湯で溶かし、豆乳とシロップを入れて混ぜ、スプレーホイップで飾って出来上がり。

上手に作るコツ

粉末ほうじ茶は一度お湯で溶かしてから豆乳と混ぜてください。豆乳に直接ほうじ茶を混ぜると、ダマが出来やすいし、なぜか風味が落ちます。←一度失敗しました。

スプレーホイップは少しずつ出すと写真のようにひょろひょろのホイップになってしまいます。思い切りホイップすると綺麗になりますよ。

肝心の味ですが、結構イケますよ!
ちょっとほうじ茶の風味が弱いかもですが、その時はほうじ茶パウダーの量を少し増やすと良いと思います。

最後に、伊藤園の公式サイトで紹介されていたほうじ茶アイスを作ってみました。

低糖質アイス『SUNAOバニラ』に粉末ほうじ茶をかけるだけですけどね!w
味はまぁまぁほうじ茶アイスって感じかな?
粉末が結構苦いので、混ぜちゃったほうがおいしかったです。
もう売っていないけど、ハーゲンダッツのほうじ茶ラテアイスの方がおいしかったですね。
代用品としてはアリですが。

スポンサーリンク

商品情報

名称: 緑茶(インスタントほうじちゃ)
原材料名: 茶(ほうじ茶(番茶、一番茶))、デキストリン、サイクロデキストリン、ビタミンC
原料原産地名: 日本(茶)
内容量: 40g
保存方法: 高温多湿の場所を避けて保存してください。
製造者: 株式会社伊藤園

栄養成分表示 (0.8g当たり)

※『おーいお茶 さらさらほうじ茶スティック 16本入』のデータしか分からなかったのでそちらを表示しています。

エネルギー2.7kcal
たんぱく質0.02g
脂質0g
炭水化物0.7g
ナトリウム

ほうじ茶ソイラテの糖質

伊藤園『おーいお茶 さらさらほうじ茶』・・・糖質約1g
トップバリュ『低糖質調整豆乳』200ml・・・糖質2g
メロディアン『ゼロカロリーシロップ』1個・・・糖質0.18g
スジャータ『スプレーホイップ』20g・・・2.64g
合計 5.82g

ほうじ茶アイスの糖質

伊藤園『おーいお茶 さらさらほうじ茶』・・・糖質約1g
江崎グリコ『SUNAO バニラ』・・・糖質7.6g
合計 8.6g

まとめ

『おーいお茶 さらさらほうじ茶』1杯分(0.8g)の炭水化物量が0.7gなので、糖質は多くても0.7gです。
今回一番作りたかったほうじ茶ソイラテの糖質は約6g弱。飲み物として考えると、1日に何度も飲めない感じですね。
まぁ、ホイップクリームを使わなければいいんですけどねw
ちょっとスタバっぽくしてみたかったんですよぅ(´ゝ౪◔`)
手作りの良い所は自分でカスタマイズして糖質をどんどんカットできるところなので、是非みなさんもいろいろ試してみて下さい!

スポンサーリンク
スポンサーリンク(パソコン)
スポンサーリンク(パソコン)

フォローする

スポンサーリンク